建築工事の節目で行われる儀式のetc.~地鎮祭~

土地をお守りいただいている神さまをお迎えして、工事の安全と守護を祈念する祭儀を「地鎮祭」といいます。地鎮祭を「とこしずめのまつり」と訓読みにしたり、「地祭(じまつり)」ともいいます。
住宅の場合、一般的に神式が多く、地域の神社に依頼して神主さんに祓い清めて頂きます。大安吉日を選び、午前中に行う事が一般的です。祭儀は、まず修祓の儀・降神の儀・献饌の儀・祝詞奏上・切麻散米(きりぬさんまい)の儀・鍬入れの儀・玉串奉奠(たまぐしほうてん)の儀・撤饌(てっせん)の儀・昇神(しょうしん)の儀・直会(なおらい)の儀の順で執り行われます。

お施主様が実際に祭壇前で行う玉串奉奠では、玉串の切り口を「の」の字を書くように右回転し切り口を祭壇の方に向けて捧げ、二拝二拍手一拝の作法で席に戻ります。
神主さんへの初穂料や用意するお供えなども、神社によって異なりますので業者に相談して問い合わせてみるようにしましょう。

お気軽にお問い合わせください。
サーバメンテナンスの実施に伴い、平成29年9月26日(火) 6:00 ~ 8:00の間、サービスを一時停止させていただきます。
ご不便、ご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承くださいますようよろしくお願いいたします。